読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビビりな学生が書く、驚いた出来事

知って驚いたことや役立つことを中心に書いていきます。

MENU

財布を選ぶなら!長財布や二つ折り財布、本革や合皮、小銭入れについて

財布を選ぶなら

皆さん、財布選びってスゴく悩みませんか。

最近、読者さんの記事を読んで、財布選びに悩んでいるという記事がありました(リンクを貼りたかったのですが記事が見当たらなくなってしまった…。)

それを読んでいて、「そういえば、僕も悩んだなぁ…。」って思い出していました。

というのも、財布って色々種類があって、しかも常に持ち歩くものなので、なかなか決めきれなかったです。

今回は、そんな財布を選ぶときの参考になることを書いておきます。

財布の種類

財布の種類は色々ありますが、その中でも長財布と二つ折り財布の二つが主なものだと思います。

そんな二つの財布のメリットとデメリットを比較してみました。

長財布について

メリット
・収納力がある
・分厚くなりにくい
・お札が折れない

デメリット
・大きい
・後ろポケットに入れておくと盗まれやすい
・小銭が入れづらい

長財布の最大のメリットは収納力があることだと思います。

特に、利用するカードが多い人はオススメです。

ただ、小銭を収納しにくいのが気になるところです。

二つ折り財布

メリット
・コンパクト

デメリット
・収納力がない
・小銭やカードが多いと膨らんでしまう

二つ折り財布のメリットはコンパクトなことです。

持ち運びに便利で、長財布と違い、ポケットにしっかり仕舞えるので、盗まれにくいです。

ただ、収納力が低く、たくさん仕舞うと財布が膨らんでしまうので、見た目がカッコ悪くなってしまいます。

財布に使われる材質

本革

本革といっても種類によって性質がかなり異なります。

もし、耐久力を求めるのなら馬具に使われているブライドルレザー、長年使い込むことで本革の変化を楽しみたいのならマルティーニがオススメです。

僕もスゴく欲しいです。

ただ、高いです…

合皮

本革とは動物の皮を加工したものですが、合皮は布などをポリウレタンでコーティングしたものです。

その為、本革の財布より安価な価格で手に入れることができます

また、軽くて防水でもあり、本革より手入れが簡単なのが特徴です。

「実はこの財布はハンドメイドなんだ」って人もいるのではないでしょうか。

財布は似たようなものが多いですが、布の場合、加工しやすいため、色々なデザインのものが多いです。

また、麻のような丈夫な布が使われていて、軽くて持ち運びも便利です

ただ、汚れやすいので、注意が必要です。

ビニール、プラスチック、エナメル

水に強く、手入れが簡単なのが特徴です。

また、軽いため持ち運びにも便利です。

それと、安く手に入れることができます。

ただ、良いとこ尽しではあるのですが、安っぽさが出てしまうのが欠点です

財布の二刀流(小銭入れ)

財布って二つ持つ人いますよね。

あれもなかなかいいなと思います。

お札やカードは長財布に入れて、小銭は小銭入れに入れておくと用途に分けた使い方ができます。

また、お金を分けるので、もしものときのためのリスク分散になります。

それと、本来は小銭とお札は同じ場所にしまっておくことは風水的にも良くないとされています

なので、これらのことを考えると、財布を二つ持つのもいいのかもしれませんね。

ちなみに、学生でこれをやっている人はほとんど見かけたことがありません。

でも、社会人の方でこれをやっている人はよく見かけます。

財布に関するうわさ

一時期、長財布を持っていると金持ちになる、二つ折り財布だとお金持ちになれれないって噂があったようですが、実際のところはよくわかりません。

ただ、調べたところ、二つ折り財布を使っているお金持ちも沢山いました

要は気の持ちようなので、あまり気にせず、好きな財布を持つといいと思います。

最後に

財布を選ぶならのまとめ

財布といっても様々な種類がありますよね。

今回は詳しく書きませんでしたが、本革といっても牛革、豚革、ヤギ革・・・。

どれも長短ありますよね。

なので、選ぶのに苦労します。

でも、結局は難しいこと考えず、自分の好み(見た目、値段、機能性)で買えばいいと思います。



ちなみに、僕は結局見た目で選びました^-^)