読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビビりな学生が書く、驚いた出来事

知って驚いたことや役立つことを中心に書いていきます。

MENU

君の名はだけじゃない!隠れた名作のアニメ映画オススメベスト5

オススメのアニメ映画

皆さん、アニメ映画って見たことありますか。

アニメ映画といえば「千と千尋の神隠し」や「もののけ姫」などのジブリを始め、去年興行収入200億をこえた「君の名は」、最近では「この世界の片隅に」などが有名だと思います。

でも、これら以外にも面白いアニメ映画はまだまだたくさんあります。

今回はそんなオススメのアニメ映画を紹介します。

オススメのアニメ映画

いばらの王

いばらの王 -King of Thorn- [DVD]

いばらの王 -King of Thorn- [DVD]

・あらすじ
世界では人々を突如襲った奇病「メデューサ」にパニックへ陥っていた。

そんな時、ヴィナスゲイト社が開発したコールドスリープを使うことで治療法の確立された未来へ人々を眠らせる計画が発表される。

その計画に選ばれた主人公のカスミは、選ばれなかった姉のシズクに申し訳なさを感じつつもコールドスリープにて眠りにつく。

しかし、目が覚めると周りはいばらに覆われた部屋に凶暴なモンスターたちで溢れかえっていた・・・。

・説明
感染から60日以内に身体が石化する病気「メデューサ」が蔓延した世界で物語が進み、コールドスリープ後は「茨に覆われた施設」「異形のモンスター」など不測な事態が次々に直面しながら、話が展開していきます。

設定を始め、演出や映像、音楽が素晴らしく、物語の後半は見ごたえ抜群です

一方で、戦闘シーンだけでなく、登場人物の内面の葛藤もメインとして作られていて、内容の濃い作品となっています。

なかなかこういうSFものは見られないのが残念(僕が見つけられてないだけかもしれませんが・・・。)

ただ、原作全6巻の漫画を2時間のアニメ映画にしているため、話の展開が早すぎるのと初見だと内容をしっかり理解するのが難しいのが気になりますが、それにしてもよくまとめられているのとクオリティーが高い(演出、映像、音楽)ので楽しめます

是非オススメしたい映画です。

ちなみに、MISIAが歌う主題歌「EDGE OF THIS WORLD」もオススメ!

イブの時間

「イヴの時間 劇場版」 [DVD]

「イヴの時間 劇場版」 [DVD]

・あらすじ
人間そっくりのアンドロイドを「家電」として扱う社会で、主人公のリクオもアンドロイドのサミィを「家電」として使用していた。

しかし、世の中ではそのアンドロイドに精神依存する人が増え、社会問題となっていた。

そんな中、リクオはサミィがある喫茶店に通っていることを知る。

その喫茶店でリクオが見たのは「家電」であるアンドロイドが人のように楽しんでいる姿だった・・・。

・説明
アンドロイドが実用化された世界で、ロボットをテーマに描いた作品です。

「ロボットに心があるのか」というのはよくある設定ですが、その中でもこの作品は特に良作です

人間のリクオとアンドロイドのサミィが戸惑いながらも距離を縮めていく様子を描いているシーンが特に見所

考えさせられる話でもありながら笑いや感動も出来、映画としても良く出来た作品です

元々はアニメ全6話だったのを少しカットしているので、全部観たい人はアニメをオススメします。

河童のクゥと夏休み

河童のクゥと夏休み 【通常版】 [DVD]

河童のクゥと夏休み 【通常版】 [DVD]

・あらすじ
夏休み前の学校の帰り道、主人公の上原庸一は大きな石を拾う。

その石を割ってみると、中にいたのは干からびて仮死状態になった河童の子供「クゥ」だった。

「クゥ」は始め人間を警戒しつつも徐々に庸一とその家族を少しずつ信頼していく。

しかし、ある時に「クゥ」の存在がマスコミにスクープされ騒動に巻き込まれてしまう・・・。

・説明
河童のクゥと庸一や庸一の家族の絆が描かれた作品です。

始めは子供向けの軽いアニメかと思って観たのですが、実際は日本に取り巻く環境問題やマスコミの報道、いじめ問題などリアルがしっかり描かれています

最後は感動させられるのですが、感動というか切なさといった感じでした

この作品からは訴えかけてくるものがあり、色々考えさせられるので、子供より大人にオススメしたい映画です。

サマーウォーズ

サマーウォーズ [DVD]

サマーウォーズ [DVD]

・あらすじ
買い物やゲーム、納税などあらゆることができるようになった仮想世界OZ。

主人公の小磯健二はそのOZの点検バイトをしていたのだが、憧れの先輩、夏希のお願いで恋人のふりをして一緒に実家へ帰ることとなる。

実家では、総勢27人の個性豊かな親戚達に歓迎される一方、健二は「うそ」がバレないよう不安ながら過ごす。

そんな中、健二宛に謎の数字が記されたメールが届くのだが、それがきっかけに事件へ巻き込まれてしまう・・・。

・説明
仮想世界と現実世界を舞台に、健二が陣内家一家と一致団結して戦う話です。

SF×青春×胸アツの映画であり、大家族ものといった珍しい作品ですが、映画を見終えるとこんな大家族が羨ましく思います

他にも、終盤のシーンではかなり胸アツな展開なので興奮すること間違いナシ!

「時をかける少女」とは異なったSF青春アニメですが、それと同様に良作であり、また、見終わった時の爽快感がスゴいです

ちなみに、この映画のBGMと主題歌である山下達郎の「僕らの夏の夢」もかなりオススメ!

あの日見た花の名を僕達はまだ知らない

・あらすじ
あることがきっかけに引きこもりの生活を過ごしていた主人公の宿海仁太。

そんな彼の元に、昔死んだはずのめんまが幽霊となって現れる。

その彼女からのお願いがきっかけにめんまが生きていた頃の仲間たち「超平和バスターズ」のメンバーが集まるのだが・・・。

めんまの願いを叶えるため、そして仁太の前に現れた理由を探すためにメンバーが奮闘する話。

・説明
元々はアニメ全11話をまとめてアニメ映画にした作品です。

友情を描いた作品で、各々の心情がしっかり描かれているところが見所です

幽霊という設定が気になり観たのですが、予想以上に最後は泣かせにくるので、涙もろい人は涙が枯渇するかも

ただ、時間があるならアニメ版の方を観るのがオススメです(感動の度合いが異なる)。

もちろん、映画もよくまとまっているのでオススメ!

最後に

気になった映画はありましたか。

もちろん、これ以外にもオススメしたい作品はあるのですが、その中でも今回は個人的に惹かれる設定(「ロボット」や「仮想世界」、「幽霊」など)のあるアニメ映画を紹介しました。

他の作品はまたの機会に紹介したいと思います。


ちなみに、「いばらの王」のPVを見たときは魅了されすぎて震えた|゚Д゚)))