読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビビりな学生が書く、驚いた出来事

知って驚いたことや役立つことを中心に書いていきます。

MENU

時代に乗るならKindle Unlimitedを使うべき!読み放題で本屋が要らない

Kindle Unlimitedについて

皆さん、「Kindle Unlimited」って知っていますか。

これはAmazonが始めたKindleの読み放題サービスのことです。

僕がこの「Kindle Unlimited」を使ってから少し経ったので、これのメリットデメリットなどをまとめてみました。

Kindle Unlimitedについて

「Kindle Unlimited」とは、Amazonが2016年8月に日本国内向けに提供した電子書籍読み放題サービスのことです。

一般的なKindleでは、実際の書籍を買うときより安く買うことが可能で、一度購入をするとスマホやタブレット、パソコンなどの端末で読むことができます。

それらを、月額980円を払うことで「Kindle Unlimited」に登録されている書籍は全て読み放題にしたのがこれです

イメージとしては、Amazonの定額制音楽配信サービス「PrimeMusic」の音楽の聴き放題が書籍の読み放題になったのと同じです。

利用方法は一般のKindleを買うのと同じで、Kindle無料アプリを使って、読みたい書籍を探し、ダウンロードをするだけです。

ダウンロードした書籍は端末内に保存することができるので、読みたい時にオフライン(データ通信なし)で読めます

ただ、ダウンロードできる(端末に入れておける)書籍は最大10点までとなっています。

なので、それ以上ダウンロードしようとすると、端末内にある書籍を削除しないといけませんが、10点以内であれば同じ作品であれ何度もダウンロードができます。

また、本にもよりますが、10点で大体1GB程しかないないので、データ量の心配はそこまでしなくても大丈夫です

ちなみに、「Kindle Unlimited」の対象となっている書物のジャンルは、小説、漫画、ビジネス本、実用本、雑誌、洋書などがあり、現在は130000点を越す書籍があります。

Kindle Unlimitedのメリット・デメリット

メリット

まず、知っておくべきことは価格が月額980円だということです。

980円といえば、小説や漫画、雑誌を1冊買える金額で、ビジネス本など分厚いものだと買うことができない金額です。

制限なしの読み放題であることを考慮すると、金額以上の価値は必ずあるといっていいでしょう。

それと「手軽さ」も大きな特徴です

この「手軽さ」には二つの意味があります。

一つ目は、いつどこでも読むことが可能であることです。

事前に家で読みたいものを端末内にダウンロードすることで、ネット環境のない場所でも読むことができます。

二つ目は、本を読むハードルが下がることです。

本を選ぶとき、お金を払ってまで読む価値があるかどうか悩みませんか。

もし、金銭的な余裕がない時だったら、読みたくても買うのを諦めたりしませんか。

でも、「Kindle Unlimited」は追加料金が発生せず、全て読み放題なので、お金という縛りを気にすることがなくなります。

お金を気にせずにいられるということは、今まで読まなかったものまで手軽に読めることができます

また、様々なジャンルを取り扱っています。

読み放題というとジャンルが偏ったりしていないか気になるかもしれませんがそんなことはまったくありません

先程も述べたように、小説、漫画、ビジネス本、実用本、雑誌、洋書とあり、また、文学、経済、投資、趣味、辞事典、教育、健康、絵本、ライトノベル、タレント写真集まで様々な分野の書籍があります。

これだけ豊富にある為、僕の場合なら、数学でわからないところがあれば数学に関する書籍を2~3冊ダウンロードして読みあさったり、暇だなという時は雑誌を読んだりでき、かなり役に立ちます。

デメリット

「Kindle Unlimited」対応の書籍は全て読むことができますが、そうでない書籍は読むことができません。

対応していない書籍も多い為、読み放題だと思って何でも読めるわけではないということは知っておくべきです。

また、過去に「Kindle Unlimited」から講談社の書籍が削除されることがありました。

これの理由は想定以上のダウンロードによりAmazon側から出版社へ支払われる利用料が予想を超えた為、継続が困難になったからであります。

このようなことが今後も起こる可能性はあるので、今ある書籍が無くならないとは言えません。

また、今後対応する書籍の総合数は増えても、人気書籍の数は減り、そうでないものが増えることもありえます

そのようなことになったら、「Kindle Uniminited」を使うメリットが下がります。

ただ、今の段階ではそのようなことは特にありませんので、心配しなくて大丈夫です。

使用した感想

この「Kindle Unlimited」を使用して良いと感じたことは満足できる書籍が予想よりも多かったことでした。

実際、「Kindle Unlimited」の中で星4つ以上の書籍は23800点もあります

もちろん、レビューだけで全てが決まるわけではないですが、一つ目安にはなると思います。

ただ、残念だったのは10点までしかダウンロードしておけないことです。

「とりあえずダウンロード」って思ってどんどんダウンロードしていると直ぐに上限に達してしまいます

僕としては、教材や雑誌は読み終わってもまた読み返すことが多いので常に入れておきたいというのが本音です。

その辺の改善がされるとありがたいのですが、おそらく変わらないでしょう。

ちなみに、本を普段読まないけれども漫画は読むって人にもオススメです。

漫画は全体の5分の1もあり、様々な種類の漫画を読みあさることができます

ただ、長編もの(5巻以上)の人気漫画は数が少なく、短編もの(1巻完結)の数が多い印象を受けました。

それでも、おもしろい短編ものの漫画も多いので、僕はかなり満足しています。

個人的なオススメは押見修造さんが描いた「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」(1巻完結)や志村貴子さんが描いた「青い花」(1~7巻)です。

これを読む為だけでも「Kindle Unlimited」をやる価値はあると思います

自分の好きな時に好きなものをたくさん読めるのが、この「Kindle Unlimited」の最大の特徴なので、それがいいなと思う人にはオススメです。

これからの本屋は

おそらく、これからはKindleの普及により、本屋は減っていくと思います。

実際、僕が住んでいる近くの札幌駅大丸の三省堂も2016年8月に閉店しました。

もちろん、本を買う人は一定数いますし、僕自身もメインに使う教材やお気に入りの漫画は本で買っています。

ただ、どれもネットで買うことがほとんどです

おそらくは、本として買って読むものとKindleで買って読むもので使い分けることになっていくでしょう。

今回の「Kindle Unlimited」はそれを加速させることになるかもしれません。

本屋にとってはつらいことですが、時代の流れだと思います。

ちなみに、もしKindleを試したことがない人やKindleに抵抗のある人はKindleがどういうものか知るという意味でも「Kindle Unlimited」を使ってみるのはいいかもしれません。

Kindleを使うならタブレットは持つべき

少し本題から外れますが、もし「Kindle Unlimited」を使うのであれば、iPadなどのタブレット端末を使用することを勧めます。

詳細については以下の記事を参考にしてください。
www.bibiri-kushimu.com
年末はセールで安くなるので、購入を考えている方はそれを狙ってもいいと思います。

また、amazonの関連記事も興味があったら参考にしてみてください。
www.bibiri-kushimu.com

最後に

今回は「Kindle Unlimited」を紹介しましたが、皆さんはどう思いましたか。

「電子書籍と言われても・・・」って人は少なくないと思います。

僕もそうでしたけど、試してみると意外と便利だとわかりますよ。

もし使ってみたいと思ったら30日間の無料トライアルがあるので、それを試してみるといいと思います。

記事を読むよりも体験した方がよくわかりますので。



ちなみに、設定で更新を切っておけば勝手に更新されませんので、お試しの30日だけって人はそのことを忘れずに(ー_ー)!!